産業廃棄物の適正処理に向けて


安本樹脂産業は、平成3年にプラスチック原料の再生・加工販売を目的として創業いたしました。時代はバブル崩壊直後で、それ以降続く大量生産・大量消費・大量廃棄時代の始まりでした。当社は、この時代を一貫してリサイクル企業として再生処理の技術向上に努めて参りました。

これまでの努力の結晶として、当社は平成17年6月に念願であった廃掃法第15条第1項の規定に基づく産業廃棄物処理施設の設置許可、及び、産業廃棄物・特別管理産業廃棄物の処分業許可を受けることができました。

これを機会として、また新たな気持ちで更なる技術向上を目指し、環境貢献企業として社会全体の利益に貢献していく所存です。また、皆様方の事業における適切な廃棄物処分のパートナーとしてお役に立てれば幸いです。

有限会社 安本樹脂産業 代表取締役 安本元二